目的に応じた物件

セメントを運ぶ車

都心部や駅に近い土地など立地条件の良い土地は近年どんどん少なくなっています。こうしたところでは売られている土地も小さいスペースに区画分けされて狭小地として販売されているケースも少なくありません。当然こうした土地を購入する人はそのあとにそのスペースを駐車場にして貸し出したり、自宅を建築したりなど目的があって購入します。こうした場合都心部では坪単価で数百万円することも珍しくありません。60坪の土地を60坪1億円で販売したとすると購入できる人がいなくても30坪に分けて5千万円ずつで販売すればより多くの人の候補地となりうるのです。場合によっては15坪に分割して2千500万円で販売すればより多くの人の候補地となりうるのです。

狭小地に住宅を建築する際には狭小地の設計を得意としている建築会社で建築してもらうことをお勧めします。一般的にハウスメーカーや工務店の住宅は規格化されていて60坪程度の広い整備された土地に建てる際に向いている建築方法です。狭小地の建築には設計事務所が向いています。設計事務所によって特徴や得意とする分野が異なりますが狭小地など限られた面積に住宅を建築する際には縦の空間をどのように有効活用するかが重要になります。狭小地では採光も工夫を凝らす必要があります。狭小地に建築するからこそクリアしなければならないことがありこうしたノウハウを持っている建築会社で設計することで限られた土地を最大限活用した住宅を建築することができるのです。